よくある質問

よくある質問をまとめています。

Q.耐震補強にはどんな方法があるの?

基礎補強・壁補強・接合部の補強など、様々な補強方法がありますが、大切なのは、「しっかりと効果の上がる補強、評点が挙がる補強を行なうこと」です。
※評点とは、耐震診断の結果あなたの住宅につけられた評価点数です。

Q.本当に日本に地震が来るの?

地震はいつ起こっても不思議ではありません。地理的な問題から、日本には昔から大地震が周期的に起こっています。又最近では、政府の中央防災会議から大規模な地震の発生に対する長期予想が出されるようになるなど、予断を許さない状況と言えるのです。

Q.大地震が起こると家はどうなるの?

震度や震源からの距離、家の状態によって揺れ方は違いますが、基本的に家の弱い部分ほど大きく揺れ、場合によっては倒壊に至る場合もあります。

Q.地震が来て家が潰れても、天災だからしょうがない?

あの阪神淡路大震災でも、大切なご家族を亡くされた方、家を建てたばかりだったのに倒壊してしまって二重ローンを余儀なくされている方、自宅が隣家に倒れこんでしまい損害賠償請求されている方等、今なお震災の傷は癒えていないという方が多くいらっしゃいます。

Q.地震が来なければ補強の必要も無いと思うのですが?

実際に大きな地震が来なければ、家が倒壊するような被害を受けることは当然ありません。しかし、軽微な地震でもボルトがゆるんだり、負担の大きい部分が歪んだりと、耐震性の低い住宅が受ける影響は大きく、長く安心して住める住宅にするためにも、耐震診断と補強は欠かせません。

» 続きを読む