耐震診断と補強について

地震について。地震が起きるとどうなるか?!

下記は、防災科学研究所(E-ディフェンス)様が、耐震補強した家としていない家の地震に対する強さを実験した映像です。

左が、補強している建物。右が、補強していない建物。となります。


提供 防災科学技術研究所 E-ディフェンス


 

耐震診断と補強については、下記をご覧ください。

 

まずは、耐震診断を行ってご自宅の耐震強度をお確かめください。兵庫県内は、青い部分までは無料で診断させて頂いております。(※大阪府は、¥5,000-にてお受けいたします。)

耐震診断について

耐震診断では、床下・屋内・天井・外観等をチェックすることで「地盤・基礎・壁のバランス(建物の形・壁の配置)・壁の量(筋交い・影の割合)・老朽度」を調べます。そして家のどの部分が弱く、どのように補強すればよいか判定します。
 
●地盤・基礎 の確認
地盤・基礎の部分は、住宅の強度・耐震性を判断する上で非常に重要です。診断は基礎の造りと、地盤の種類を総合して行ないます。
●壁のバランス
阪神・淡路大震災の主な倒壊原因にもあげられていた通り、建物の形と壁の配置も耐震性に大きく関係してきます。建物の形と壁の配置を見ることで、その建物のバランスを判断します。
●壁の量
筋交いと壁の量から、建物が地震の横揺れにどれだけ耐えられるかを判定します。建物は壁の量が多いほど地震に強く、少なければ地震に弱くなります。
●老朽度
建物の構造耐力上重要な部分が、時間が経つことで劣化して、欠陥と判断される状態になっていないか確認をします。具体的には、基礎の形状や土台・柱などの腐朽・蟻害等をチェックします。これらはどちらも耐力要素への力の流れを妨げると同時に、家を破壊して建物が沈下・傾斜などを起こす原因にもなるのです。

STEP1~3 内容

  • STEP1 耐震診断を、お電話又はメールにてお申込み頂きましたら、弊社より折り返しご連絡させて頂きます。現地調査の日にちをご相談させて頂きます。
  • STEP2 弊社の現地調査員が、お家の診断に参ります。各お部屋を見ながらお部屋の素材、柱などの確認をさせて頂きます。通常1時間半~2時間かかります。
  • STEP3 現地調査から、通常1~2週間で、診断結果のご報告にお伺いさせて頂きます。ご自宅の耐震性、壁の強さ、劣化・老朽化の具合など、構造的な問題も含めまして、ご報告いたします。

 

下記の赤い部分のSTEP4とSTEP6は、有料となります。※助成金対象項目です。

STEP4~7 内容

  • STEP4 ご希望及び、ご注文頂きましたら、耐震補強の設計に入らせて頂きます。どうすれば、耐震性のある住宅に出来るのか知るための、耐震補強設計です。出来次第、補強設計と工事のお見積りをお持ちさせて頂きます。※設計費用のご請求書をお持ちさせて頂きます。
  • STEP5 お選び頂きました工事案にて、契約日・工事日をご相談の上、ご契約となります。※工事金額の半分を契約時金として、ご請求書をお渡しいたします。
  • STEP6 いよいよ耐震工事となります。基本、内側の壁の補強となります。枚数等により日程は、異なります。※工事の際は、必ずお家にどなたかいてくださいますようお願いいたします。
  • STEP7 工事完了後、完了のご報告にお伺いいたします。工事写真と、最終のご請求書をお持ち致します。※補強工事の費用は助成金の対象です。

 

※木造住宅の耐震診断は、「在来工法2階建て以下」が対象となっております。
※下記は、対象外となります。
2×4(ツーバイフォー)住宅、伝統工法、中2階(スキップフロア)のある住宅、軽量鉄骨造、鉄骨造、コンクリート造、混構造、借家